例えば荒川区の場合。

石油や天然ガスなど、
世界で資源の枯渇が深刻な問題となっている中、
資源不足の日本で自然エネルギーを使った
発電方法が求められている今日では、
太陽光発電のニーズも急激に高まりつつ
あります。
特に東京や大阪などの大都市圏では
電気の使用量が大きいので、
これらの地域が太陽光発電を導入することは
日本全体への影響が大きいわけです。
太陽光発電は、地域や家の形態に合わせて
設置が可能なので、
ほとんどの家の屋根に取り付けられますし
設置工事自体は平均2日程度と短期間で出来ます。
設置には補助金が出るので
それを活用すると良いですね。
例えば東京の荒川区の場合なら、
国から、東京都から、そして荒川区から…と
全部で3ヶ所からの補助を受けることができるので、
かなりまとまった金額になります。
昼間の発電で得た電気は電力会社に
売ることが出来るのも
嬉しいですね。
設置した人にも地球にも嬉しい太陽光発電、
これからの発電の
主流になって行くのではないでしょうか。

WordPress Themes