自然を活かすための太陽光利用

大自然の恵みとして私たちが身近に、かつ有益に考えられるものといれば「太陽光」でしょう。
太陽光を浴びながら子どもたちも、植物も成長していきます。
現代生活においては、その太陽光をどのような形で利用できるかを考えています。
私は、かつて目黒区の学校で生活したことがあります。
その時代に感じたことは、目黒区の自然の多さや保護している状況が素晴らしいということでした。
自然を愛する目黒区において、人々の生活に自然利用を役立てようと考えるなら、
この自然の恵みである「太陽光」を考えていくことは大事なことだと思います。
その中で「太陽光発電」は、太陽エネルギーを電気に変えることで一切の燃料も必要とせず、クリーンな環境の下で電気を得ることができるという点において、最も人々の生活に安全であると感じます。
最近は目黒区内の大学の校舎壁面や、民家の屋根にソーラーパネルが取り付け
られていることが多く見られます。
近代的なビルであっても、一般的な民家であってもクリーンエネルギーとして太陽光を取り入れて電気に変換するというコンセプトは一緒でしょう。
人々の考え方次第でエネルギーは安全で安心して得られるものなのです。
日々の生活の中で、これらを考えることはなかなか難しいことですが、
目黒区の立地や環境を活かし、もっと「太陽光発電」を普及することは可能でしょう。
自然環境を守り、またこれから成長していく子どもたちが明るく安全、安心な環境の中で生活するためにもクリーンエネルギーである太陽光の利用を「太陽光発電」という形で、さらに普及していくことができれば、私たち大人も笑顔で明るく毎日を過ごすことができると信じます。

WordPress Themes