環境に優しいことをしよう

2011年の3月に起きた日本大震災から二年がたち、自然の驚異に驚かされまた
恐れを覚えました。
自然は優しくて、時には怖いものです。
ですが、我々人類は自然と共存しているものです。
上手に付き合えば、自然に優しい環境造りを築けることもできます。
現在、自然環境のことを懸念して、国や地方自治体も環境問題に取り組んでいます。
特に、自然保護ということでは上手に自然を活用して、生活に取り入れようという試みもしています。
それが太陽光発電です。
都心から近い三鷹市でも、その様子はうかがえます。
太陽光発電のパネルを屋根に置く企業や住宅が増えたことです。
これは、国や地方自治体から補助金制度が設けられたことにもあります。
太陽光発電を購入すると、金額が高価なだけに購入しにくいものでした。
しかし、補助金制度を設けてからは、購入する人も増え、さらに大震災の際に起きた
大規模の停電により、太陽光発電が非常時の際にも活用できるということで、
設置をする人が増えたのです。
蓄電機能を付ければ、非常用電気としても活用できます。
また、オール電化と併用すれば、毎月の光熱費用がかなりの減額になります。
そして、今話題のエコカーである電気自動車にすることで、充電も可能です。
二酸化酸素の排出を抑えることもできるので、自然への貢献もできます。
今、地球環境を考えると、自然に優しいことをすることも大事なのです。
補助金制度を活用して、太陽光発電設置検討をしてみてはどうでしょう。

WordPress Themes