江東区の太陽光発電補助金事業

全国各地の都道府県自治体や市区町村自治体で行われている太陽光発電を設置した場合の補助金制度。
とりわけ補助金額が手厚いのが、都道府県別ではダントツで東京都になります。
全国一律、国(J-PEC)からは太陽光発電システムの単価が1kW当たり475000円以下だった場合の最大出力1kW当たり、35000円という補助金が出ますが、東京都の場合にはこれに加えて、1kW当たり10万円で10kWに相当する100万円を限度に補助金が交付されます。
更に都内の各市区町村が独自に行っている補助金事業も併用することが出来ます。

例えば江東区。
江東区では独自に地球温暖化防止設備導入助成と題して、1kW当たり5万円で4kWに相当する20万円を上限に補助金が出ます。
これにより例えば4kWの太陽光発電を設置すると、国14万円、都40万円、江東区20万円の合計74万円が補助されることになります。
4kWの太陽光発電の設置費用相場はおよそ200万円ですから、自己負担126万円で設置できることになります。
もし日当たりをさえぎる建物がないのであれば、4kW太陽光はオール電化住宅でも十二分な出力なので、月額およそ2万円の電気代が浮く計算になり、6年で減価償却できる計算です。

WordPress Themes